虹色の雨

ありのままにひたすら綴る

転院の話を伝えることは
主治医との別れを意味する。
予約時間の数分前に着くと
主治医が私が居るか確認をした。
なぜか不安そうな顔をしていた。

診察時に転院の話を切り出した。
すると意外な展開となったのだ。
主治医は、私の転院をとめたのだ。
そして、診断書も書くと伝えて来たのだ。
前回の様子とは全く違う
いつも通りの主治医だった。

書いても落ちると言われてから
ここ数日、自殺を考えるほど絶望していた。
でも、ありのままを精一杯書いてくれることになった。
しかし、疑問が残る。
私ひとりがクリニックから居なくなっても
何も変わらないし
一生治らない面倒な症状の患者が減ると
主治医も気が楽なのではないか?ということ。

改めて私は主治医に伝えた。

「先生のことが好きだから
今まで通院することができました。
もしも、ご迷惑でなければ
これからもよろしくお願い致します。」

相変わらず嘘がつけない。
私の場合、「好き」の意味は少し違う。
同性の「好き」ではなく
男女の「好き」の方なのだ。

はっと気付いた。
隣には母がいた。
忘れていた…。
無事診察を終えた。

事故に遭ってから物忘れが目立つ。
何度か同じことを質問してしまうし
無意識の行動の直後に頭の中が真っ白になるのだ。

今日は、財布を脇に挟んで買い物かごをいじって
商品を元の場所に返そうとして

「あれ?財布がないっ!」

と焦るのだ。
財布は、きちんとある。
しっかりと脇に挟まれてある。

前は、料理をして点火して
冷蔵庫をあさって

「え!?沸騰する音がするっ!」

とコンロを見たのだ。

ヤバイかもしれない。
脳へのダメージがあるのかもしれない。
ま、騒いでも仕方がない。

つい主治医に告白めいた発言をしたけれど
なぜか主治医はニコニコしていた。
あのニコニコの意味はわからない。
でも、物凄く距離が近く感じた。
好きなものは好きなんだ。

広告を非表示にする

主治医

なぜこんな展開になったのだろうか。
心に釣り針が刺さったみたい。
主治医の態度が一転した。
すごく信頼していた私と母は
息も出来ないぐらいのショックを無理矢理のみ込んだ。
1年半真面目に通えば診断書を書きます
条件を満たしていれば受給可能です
そう言ったのに
1年半たって、診断書の話をしたら
あなたでは絶対に無理です
と…。
詐欺だ。
これは通わせて切り捨てる医師免許を所持した
わかりにくーい詐欺だ。
「先生、もし仕事して再発したら書いてくれますか?(←目は怒りにみちている)」
「そんなリスクをおかさなくても。それは危険です。」
「先生、お薬でバランスとれる可能性もあるんですよね。買い物の仕方もわからない、一切喋れない時はどう診察してくれますか?」
「そのままを見て診察しますからそれは大丈夫です。でも危険です。」
母「この子にどうやって生きていけというんですか?ひどいですよ!真面目に通ったのに!」
「お母さんもういいって。先生、わかりました。私なりに考えさせてもらいます。」
今回の10分は、ひどく荒れた。
でも、主治医を嫌いになったわけではない。
それが彼女の生き方なのだ。
選んだ私が悪いのだ。
でも…私とは絶対に合わない。
薬も採血をして判明したけれど
プロラクチンが300.3だった。
妊婦さんレベルの数値らしい。
そう言えば…胸もかなり痛かった。
眠気も凄かった。
うっすらと不正出血(一週間)もあった。
時々なぜかふいにふわふわした。
病院から一切連絡が来なかった。
知らずに信じて服用していた。
それなのに健康には問題ないと言ってまた32日分のスルピリド50㎎1日一回。
他の薬では合わない可能性もあるから
と言われた。
なぜだろう。
…なんか…辛い。
私のプロラクチンがこんなにはねあがっているのは
完全にスルーしている。
彼女は統合失調症を苦手としているに違いないと思った。
主治医は好きだ。
でも誠実ではないからもう忘れようと思う。
きっと本当は、統合失調症に偏見を持っているのだろう。
過去に統合失調症の患者に嫌がらせをされたとか…。
でも、転院するとしたら紹介状も書いてもらわないといけない。
年金の話になれば初診はこの主治医だ。
用紙を書いてもらう日が来るだろう。
なるべく怒りを表現してはいけない。
落ち着け自分。
耐えろ自分。
切り捨てられたことをもう泣くな自分。

広告を非表示にする

追突事故

枕を探していた。
あの店に見に行こう…。
それはそれは穏やかな空で普通の日だった。
15時になるあの瞬間までは。
15時。
突然の爆音と共に体が大きく揺さぶられた。
後ろから物凄い勢いで追突された。
軽自動車と軽自動車の衝突事故。
蜘蛛の子を散らしたように学生たちは姿をけした。
私は彼らの横断待ちをしていただけ。
気が付けば事故の被害者になっていた。
吐き気がやってきて、腰が痛い。首もおかしい。
でも、相手の命が気になってすぐ近くの店の駐車場に車を停めた。
相手も力なく車から出てきた。
「ごめんなさい。よそ見をしていました。」
「そうですか。これは事故ですよね。」
「そうですね。すみません。」
「仕方ないです。あ…お体は大丈夫ですか?」
「私は大丈夫です。大丈夫ですか?」
「かなり衝撃は受けましたがとりあえず大丈夫です。」
二人で警察を待った。
そして、話をすませた。
その間に店の店員が他で話をつけてほしいと警察にクレームをつけていた。
もちろん相手になどしなかったけれど
私は辛くなった。
泣くわけにもいかず相手と連絡先を交換して
気持ちをまぎらわせていた。
警察は親切だった。
動きづらくなったタイヤを急遽スムーズに動くように食い込んだ所をひっぱってくれた。
保険会社にも連絡をして気が動転したのか
私は警察に帰っていいですよと言われて
追突した車で帰宅してしまっていた。
すぐに車屋さんに来てもらうと
かなりの衝撃を吸収して派手にやっている状態だとわかった。
知らずに乗って帰った私も怖いが
代車を置いてそれに乗って帰った車屋さんも怖い。
そして、ドタバタな日々がはじまった。
体も変だ。
整形外科に行くとなぜか虚言を疑われた。
でも診断書は書いてくれたから、それを警察に提出した。
知恵を貰いに接骨院に行くとおすすめの整形外科を教えてくれた。
この接骨院に通おうと決めた。
そして、実際に整形外科に行ってみるととても親切な先生で診察もリハビリも快適だった。
薬剤師さんも親切でちょっと泣けてきた。
家では、怖くて怖くてお喋りが止まらない。
父や母が聞いてくれた。
車に乗ると怖くて怖くて仕方がないけれど
母が仕事だと誰も連れていってくれないため
自分で運転をした。
事故現場も何度か通過した。
うっすら相手のブレーキ痕があった。
うっすらだった。
ノーブレーキに近い。
それを見て尚更怖くなった。
闘いは続く…。

広告を非表示にする

お洒落をする気力

たまにお洒落をして出掛けたくなるから
化粧してだて眼鏡とロングスカートでふらっと外の世界へ。
でも、いつも深く思う。
私、誰のためにお洒落しているのかな…って。
家族以外とは交流がない。
家族以外なら主治医ぐらいだ。
化粧をしている時までは気持ちは軽やか。
外の世界を彷徨っている途中から
徐々に気持ちは重くなってしまう。
虚しい気持ちに満たされて
つまらないままいつも明るいうちに大人しく帰宅している。
この世にあと何人くらい私を見て
ドキドキしてくれる人が存在しているのだろう。
私の価値って何だろう。
そんなことをエンドレスに考えてしまう。
どうしてお洒落をすると
こんなにも後で寂しくなるのだろう。
私は物心ついた時に母の化粧品に触れたくなった記憶が残っている。
マスカラを少し手にとってしまったことが
まるで初めての犯罪行為のようで…。
その時自分は普通の女の子じゃないんだって気付いてしまった。
お洒落をすると誰かに睨まれているような感覚があった。
自分は強くなくてはならない
そう思いながら生きていた。
化粧=柔らかさ=女性らしさ=かよわい
となってしまって
私には勇気のいる行為となってしまったようだ。
ただ化粧をすること自体は弱くない。
むしろ自分を輝かせる行為だから
どちらかと言えば強さなのだ。
ゆっくりゆっくり絡んだ毛糸をほどくように
自分の思考の誤解をといていかなければならない。
本当は私は綺麗でいたいんだ。
心も外見も素直に美しく輝いていたいんだ。

広告を非表示にする

爆破された初恋

小学四年生の頃、私は自分でもわからないうちに恋をしていたようだ。
ただその恋の結末は哀しすぎてぐちゃぐちゃなのだ。
2つ年上だった彼は、なぜか私をからかってきた。
彼が私を見つけて目が合うとフルネームで私を呼んで逃げて行く。
最上階に向かってするりと階段をのぼられてしまうため、彼に追いついたことはなかった。
彼は足が速かった。
当時は追いつけないことが本当に悔しかった。
そんな気持ちしか感じとれなくて
自分が彼を好きだと気づくまでかなりの歳月がかかったように思う。
しかし、突然の別れが訪れてしまう。
永遠の別れだった。
彼が高校を卒業する頃、不慮の事故でこの世から消えてしまったのだ。
兄とは友達だったため、兄は病院に行ったり
葬儀に参列したりしていた。
私は…何もできずにひとりの部屋で
ただただ泣いていた。
その時…彼を好きだったことに気づいたのだ。
それ以来、うまく異性を好きになれなくなってしまったかもしれない。
好きになると、相手は死んでしまうのではないか?と本気で悩んだ時期もあった。
彼に似たような異性を好きになるかもしれないが
あんなにナチュラルに男前な人はあんまり居ない。
私もこの世を去ってから
彼をさがして待ち合わせして
想いを告白しよう…と計画している。
ずっと好きでした
と素直に告げて彼の反応を見たいのだ。

広告を非表示にする

脳を軽くした薬

今の薬を服用しはじめてから悪夢を見てもうまく思い出せなくなった。
これは喜ばしい変化だ。
今までの私は記憶力がよくて悪夢が脳を支配して憂鬱になる時もあった。
そんなストレスから解放されたのだ。
眠くなるので睡眠時間は少し増えたけれど、それはそれで脳によさそうな感覚を感じている。
主治医は薬を極力多くは処方しないスタイルのため、安心して通院することができている。
月曜には初診の病院へカルテがあるかどうか確認に行く予定だ。
15年前の発病が証明されることになる。
カルテがなければ今の病院が初診となり
病歴が曖昧となり大きな空白ができてしまう。
大事な作業だ。
誠実に対応してくれるかは謎の病院のため
やや不安もあるがどちらにせよ答えはでるはずだ。
さすがに…緊張している。

広告を非表示にする

やはり孤独

日中は、ずっとひとりで過ごしている。
誰とも会わない。
出掛ける時もひとりだ。
仕事を奪われた今の私は
少しの家事と…ただひたすらにペットの世話をしている。
美味しいおかずがすんなりと出来上がる。
ものいわぬ生き物が何か語りかけてくる。
気持ちは安定している。
明るいうちは…。
一転して夜はダメだ。
崩れ落ちそうになる。
友達も恋人も居ない。
ただふわふわな布団に包まれて眠る。
曖昧でやや不利な関係でも続けていれば
こんなにも寂しくはならずにすんだのに…。
嘘がつけない私は
当然のように突き進むことをやめたんだ。
すかすかなこの感情は
これからも嫌になるくらい続くんだ。

広告を非表示にする