虹色の雨

ありのままにひたすら綴る

麻痺はしない

私は、まだ人間なのだ。 麻痺しそうなまま 感覚は鋭く光る。はやとちりにより 誰かのやわらかな心に針をさして ずっと悔いている。 会って謝りたい…。そんなことばかり考えているから 病気になってしまったのだが。 直せないまま生きている。LINEをすると、…

繋がる

統合失調症だと自覚するようになって SNSの中でさえ誰かと繋がるのが怖くなった。 もちろん怖いのは見知らぬ誰かと繋がる怖さではなくて、心ない人間から偏見を受けること。 でも、私は寂しがり屋のため、どうも最近は特に一人では苦しくて駄目なのだ。35歳…

妬み

同じ病気でも 彼氏や配偶者や友達などがいる人と 友達だけがいる人と 家族だけがいる人と 孤独に生きる人と…様々である。妬みの感情と同時に消えたくなる衝動。消えても後悔しか残らないけれど 子供の時からこの感情は強い。兄は私と同じ親から生まれたけれ…

鬼束ちひろと思い出と

切ない恋をした。 たくさん泣いていたあの頃は あの人と悲しい曲さえあれば 他に何も要らないぐらい 空虚で…でも、満たされていたんだ。なぜ私は女性として生まれたのだろう。 根本的な深い悩み。 ふいに同性を深く好きになってしまう とてもとても悪い癖。…

結局は…

結局はさ、男は女が好きで 女は男じゃなきゃダメなんだろうね。 女同士とか男同士は、一時的な盛り上がりはあっても 本音が言えずに加工された関係になりやすい。私は、一体何を求めているんだろう。 当たりのないくじを何度も何度も願いをこめてひいている…

男性不信

なかなか完治しない。 父との関係がこんなに根深いとは。 ちょっと男性と二人きりで会話しただけなのに 私の心はSOSをだしてしまう。 男性と過ごす時間が増えるにつれて 女性を必要としてしまう。 だが、誰もこんな私に寄り添ってくれる女性はいない。 ネッ…

転院の話を伝えることは 主治医との別れを意味する。 予約時間の数分前に着くと 主治医が私が居るか確認をした。 なぜか不安そうな顔をしていた。診察時に転院の話を切り出した。 すると意外な展開となったのだ。 主治医は、私の転院をとめたのだ。 そして、…

主治医

なぜこんな展開になったのだろうか。 心に釣り針が刺さったみたい。 主治医の態度が一転した。 すごく信頼していた私と母は 息も出来ないぐらいのショックを無理矢理のみ込んだ。 1年半真面目に通えば診断書を書きます 条件を満たしていれば受給可能です そ…

追突事故

枕を探していた。 あの店に見に行こう…。 それはそれは穏やかな空で普通の日だった。 15時になるあの瞬間までは。 15時。 突然の爆音と共に体が大きく揺さぶられた。 後ろから物凄い勢いで追突された。 軽自動車と軽自動車の衝突事故。 蜘蛛の子を散らしたよ…

お洒落をする気力

たまにお洒落をして出掛けたくなるから 化粧してだて眼鏡とロングスカートでふらっと外の世界へ。 でも、いつも深く思う。 私、誰のためにお洒落しているのかな…って。 家族以外とは交流がない。 家族以外なら主治医ぐらいだ。 化粧をしている時までは気持ち…

爆破された初恋

小学四年生の頃、私は自分でもわからないうちに恋をしていたようだ。 ただその恋の結末は哀しすぎてぐちゃぐちゃなのだ。 2つ年上だった彼は、なぜか私をからかってきた。 彼が私を見つけて目が合うとフルネームで私を呼んで逃げて行く。 最上階に向かって…

脳を軽くした薬

今の薬を服用しはじめてから悪夢を見てもうまく思い出せなくなった。 これは喜ばしい変化だ。 今までの私は記憶力がよくて悪夢が脳を支配して憂鬱になる時もあった。 そんなストレスから解放されたのだ。 眠くなるので睡眠時間は少し増えたけれど、それはそ…

やはり孤独

日中は、ずっとひとりで過ごしている。 誰とも会わない。 出掛ける時もひとりだ。 仕事を奪われた今の私は 少しの家事と…ただひたすらにペットの世話をしている。 美味しいおかずがすんなりと出来上がる。 ものいわぬ生き物が何か語りかけてくる。 気持ちは…

地獄の中でも天使は居る

まだこの脳は、一部の人間を許せてはいないようだ。 今までクローズで仕事をしてきた。 悪いのは私だ。 通院もせずに仕事だなんて…。 でも、再発した私の異変を理解しようとする職場仲間はほぼ居なかったかもしれない。 しかし、よく思い出してみると…優しい…

母には少し予知して伝えていた。 「もうすぐ職場で心をえぐられることがあるから気合いを入れておいてね。 それを乗り越えたら嘘みたいに整うから。 だから気にしちゃダメだよ? ショックで一時的に体調も崩すと思う。 まぁ、頑張りなさい。 結構辛いと思う…

予知夢なのか?

はぁ…。リアルだったな。 久々にいとこのおじちゃんが夢に出てきた。 彼とは完全に縁が切れている。 二度と会話をすることもないだろう。 ただ夢の内容が非常に気になるのだ。 夢の中で彼は右目の異常を訴えていた。 「あれ?右目に黒いものが見えるよ~。 …

もやもや

なんだかスッキリしない。 でも辛いことばかりでもない。 横になって過ごす時間もいいものだ。 だけど…全体的に私の人生は やっぱり虚しい。 久々に倉木麻衣を聴いてみた。 あの頃私はがむしゃらに生きていた。 行き当たりばったりだったけれど輝いていた。 …

ごはん

最近まで1日1食生活だった。 意欲がわかずにこたつで横になるばかり。 そして母に叱られた。 「あんた何それ。ごはん食べてないやん!」 「ん?いいやん別に。私は私だし。何もそっちにダメージ与えてないし。」 「食べないかんやん!」 「うるさいな。そ…

嫌な感覚

はぁ~。地震で5時過ぎに起床。 地震が起きる前触れ、もうわかっちゃった。 ぐっと冷え込んで突風が吹いて カラスが鳴いてぶわっとあたたかくなって 犬がそわそわして 地震どかん。 徳島が震度3でこっちは1か2なんだけれど 私の部屋は2階だから揺れが倍…

長い夢

夢はよく見るタイプ。 トイレがらみの夢は特によく見る。 今回は、メンテナンスする人(男性二人)に真下から覗かれて、その後につきまとわれてつかまる内容だった。 なぜか新しいマイホームに住んでいる私は父を探す。 二人の男性はニヤニヤとしながら私に話…

孤独

孤独は透明だ。 誰にも気づかれることもない。 眠りたくない夜は孤独なんだ。 誰とも微笑みをかわさない日々。 理解者は兄と母。 充分だ。 でも孤独だ。 統合失調症になったきっかけは 祖母の自殺。 二十歳になったばかりの私は 今よりも傷つきやすく荒れて…

恋愛は難しい

男性に興味ない人はどんな恋愛してるんだろう。 私は最近40代女性に惹かれてしまって どうしたものかと首をかしげている。 子供が居たなら尚更前のめりになる。 母性に餓えているのだろうか。 あの男性をあんまり求めなくなったような 家庭を守ることとお金…

遠隔ストーキング

新しくブログを作り直した。 なぜなら元交際相手がインスタグラムで私を見つけてフォローしてきたからだ。 もちろん即インスタグラムも作り直して彼をブロックした。 本名じゃないのになぜわかる? ま、いろいろと連動してるんだろうなぁ。 なんだかんだでFa…