読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのままにひたすら綴る

脳を軽くした薬

今の薬を服用しはじめてから悪夢を見てもうまく思い出せなくなった。
これは喜ばしい変化だ。
今までの私は記憶力がよくて悪夢が脳を支配して憂鬱になる時もあった。
そんなストレスから解放されたのだ。
眠くなるので睡眠時間は少し増えたけれど、それはそれで脳によさそうな感覚を感じている。
主治医は薬を極力多くは処方しないスタイルのため、安心して通院することができている。
月曜には初診の病院へカルテがあるかどうか確認に行く予定だ。
15年前の発病が証明されることになる。
カルテがなければ今の病院が初診となり
病歴が曖昧となり大きな空白ができてしまう。
大事な作業だ。
誠実に対応してくれるかは謎の病院のため
やや不安もあるがどちらにせよ答えはでるはずだ。
さすがに…緊張している。

広告を非表示にする