虹色の雨

ありのままにひたすら綴る

結局は…

結局はさ、男は女が好きで
女は男じゃなきゃダメなんだろうね。
女同士とか男同士は、一時的な盛り上がりはあっても
本音が言えずに加工された関係になりやすい。

私は、一体何を求めているんだろう。
当たりのないくじを何度も何度も願いをこめてひいているみたいだ。
一等はグアム旅行です!とか嘘なんだよ。
虚しさがすごい。
最近は、とくにね。

皆彼氏や旦那がいる。
巣穴で二人きり、もしくは子供がいる。
苦楽をともにしている。
当たり前のように女として生きている。
そんな姿見てると、どうしても考えるよね。
私は、このままで本当に後悔しないだろうかって。

もう一度婚活をするべきなのかもしれない。
私は、男性に面倒みられながら生きていく方が
もしかしたら安心できるのかもしれない。
相性が悪ければ病状は悪化するだろう。
悪化しないような相手を慎重に選ばないと未来は真っ暗な可能性もある。
一か八かの賭けにでるかもしれない。

私がどんな姿になろうとも、そばで微笑んでいてくれたなら
命をかけてでも彼との子供をうむかもしれない。
こんな不安定な私にさえも覚悟は…あるんだ。

広告を非表示にする