虹色の雨

ありのままにひたすら綴る

繋がる

統合失調症だと自覚するようになって
SNSの中でさえ誰かと繋がるのが怖くなった。
もちろん怖いのは見知らぬ誰かと繋がる怖さではなくて、心ない人間から偏見を受けること。
でも、私は寂しがり屋のため、どうも最近は特に一人では苦しくて駄目なのだ。

35歳にもなると、当たり前なのだが親も歳をとる。
私が交流するのは今のところ母しかいない。
この状況を冷静にまずいと判断して友達づくりをゆるやかにスタートさせてみたのだ。

Twitterでは、リアルに会うことはないけれど
似たような苦しみを共有できる人と繋がることができた。
理想は、繋がる相手は全て女性が望ましいのだが、それをしはじめると極端に減ってしまいそうなので
今は男性ともやりとりをしている状況だ。

案の定、男性はたまに私が逃げたくなるような表現も悪気なくしている。
今まではすぐに切っていたが、もう少しだけ様子をみていようとも思った。

一方、女性とは思った以上に交流ができている。
思わず気持ちでハグしたくなるほどに大切な存在へとシフトしていく。
ロボットの犬を本物の犬だと想いはじめるあの独特な感覚と少しだけ似ているのかもしれない。
私と繋がることは相手の自由だから行動や判断までは束縛できない。
急に考えが変わって去られてしまっても受け入れるしかない。
そんなことを静かに考えながら真剣に繋がっている。

そして、ここ数日は同性愛の友達(女性)をつくろうと努力をしはじめた。
年齢を制限するのはひとまずやめた。
制限してしまうときっと友達はできないだろう。
そして、早い段階で持病を告げるようにしている。
去ってしまう確率しかないだろうけれど
理解してくれる人と交流したいのだ。

私は女性が好きだし、正直女性の柔らかい体に触れたいと思いながら生きている人間だ。
まぁ、触れたいという表現は厳密には違う。
どちらかと言えば…触れられたいのだ。
唯一私が自然と本能を見せることができるのは
男性の前ではなくて好きになってしまった女性の前だけなのだ。

繋がった相手には、今はお友達を探しています…とアピールをしているのだが
私を知っても逃げない女性は…経験上必ず恋愛対象となる。
好きになってしまうのだ。
ただ注意したいのは、焦ってお互いの写真は送らないこと。
お互いを知る前に送ってしまうと何か順番が違うような気もするからだ。
繋ぎ止めようと必死になってしまうのだ。

そして、もっと成長したのは
ゆるいSNSを使って男性とやりとりができているということ。
最近は、同じ地域の人ともやりとりをしている。
このアプリは物語の世界観を大切にしているため、男性よりも女性が多いかもしれない。
そして、男性も比較的穏和な人が多いのかもしれない。
検索機能などは一切ないため、地味に同じ地域の人を呼びかけて探している状況だ。
おそらく会うことはないとは思うが
希望は捨てないようにしたいと考えている。

でも、こうやって外部と繋がる努力をしはじめたことは、必ずしも良い流れとは言い切れないところもあるのだ。
今までの流れとして半年後ぐらいに再発をしている。
自覚はない。
それがとても怖いのだ。
主治医にも相談しながら進めていこうとも思っている。

広告を非表示にする